みおくりびと・・・人生の最後をむかえた人々の尊厳を守ることの尊さ

2016.01.21 Thursday 09:19
0
     新年、明けまして おめでとうございます。本年は、昨年より少しは、まめにブログの更新をしていけるようにと思っています。

     平成28年元旦を向かえ、まだ20日足らずしか過ぎていないのに、「めだかぞくの会」の登録者数名の方が、天国へ旅立たれていかれました。看取ってくれる家族もなく一人静かに息を引きとられた方達ばかり・・・・・・・。
    家族がいても疎遠な状態で故人の葬儀どころではなく、顔も見たくないなど過去にどんな出来事があったのかわからないけれどなんだかやりきれない気持ちでいっぱいになってしまいました。

     私どもができること・・・なにびとであっても過去にどんな事情があったとしても人生の最後の時には一輪の花を捧げ祈り、故人の一生を讃えて差し上げることそれが私どものお役目だと信じています。
    それが、み・お・く・り・び・とだと思っています。

     生活保護受給者だったり、年金生活の方など葬儀費用にも限界があり、十分な葬儀を営むことは、困難な場合もあり、手作り葬儀を行わせていただいております。花輪を注文する余裕がないのでお店で安価なお花を買い集めそれで盛花を作成して供え、故人が好きだった食べ物や衣服諸々を棺に納め、おなかがすくといけないから、おにぎり2個を故人のそばにそっとおきます。そして参列できるスタッフでお別れをします。そしてご遺骨は、理解ある住職の寺院に安置させていただき、後にえんご会所有の永代供養塔「凛情の塔(ひかりのとう)」へ納骨します。(宗旨、宗派は、問いません。)

     私どもの行っている活動に賛同していただける方々のご支援をお待ちしております。詳細は、えんご会へお願いします。
    category:- | by:npoengocomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2018.10.18 Thursday 09:19
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment